老人ホームについて知りましょう!~要介護の判断について~

老人ホームについてまったく知識がない方向けに新着情報【老人ホームについてのノウハウ】を配信していきます。

1章老人ホームについて知りましょう!~老人ホームってどんな場所?~
2章老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームについて~
3章老人ホームについて知りましょう!~知って!入居前のチェック~
4章老人ホームについて知りましょう!~高齢者のための住宅について~
5章老人ホームについて知りましょう!~介護施設について~
6章老人ホームについて知りましょう!~選ぶチャックポイントと資料、問い合わせに関して~

が全体の更新の流れになりますのでお楽しみに。

本日は

3章老人ホームについて知りましょう!~要介護の判断について~

です。

介護をうけるには、要介護認定が必要になってくる。
ではその介護が必要かどうかはいったい誰が判断するのでしょう?

要介護状態の判断は厚生省の指導で医師の意見を聴き、本人の意向を確認し、身元引受人当の意見を聴きく事が求められた上で、ホームの担当者や施設長、看護婦が会議で検討します。

介護状態のレベルを確かめるためには

  1. 歩行
  2. 食事
  3. 排泄
  4. 衣類の脱衣
  5. 入浴

などがどの程度自由にできるかによって判断します。

次回は第3章老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームの介護保険との関係について~です。
デイサービスから特別養護施設、老人ホームや施設を簡単に探す事ができるサービスはこちら↓




このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報 老人ホームについて知りましょう!

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ