老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームの6つのタイプ~

老人ホームについてまったく知識がない方向けに新着情報【老人ホームについてのノウハウ】を配信していきます。

1章老人ホームについて知りましょう!~老人ホームってどんな場所?~
2章老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームについて~
3章老人ホームについて知りましょう!~知って!入居前のチェック~
4章老人ホームについて知りましょう!~高齢者のための住宅について~
5章老人ホームについて知りましょう!~介護施設について~
6章老人ホームについて知りましょう!~選ぶチャックポイントと資料、問い合わせに関して~

が全体の更新の流れになりますのでお楽しみに。

本日は

2章老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームの6つのタイプ~

です。

有料老人ホームには6つのタイプがあります。

  1. 終身利用(同一施設内介護)
  2. 終身利用(提携施設介護)
  3. 提携施設移行型
  4. 限定介護型
  5. 健康型
  6. 介護専用型

の6つです。

一言に有料老人ホームといっても様々なタイプがあるってご存知でしたか?

この6つのタイプは歩行、食事、入浴、着脱衣、排泄など5つの項目に基づき、

  1. 日常生活動作について自分で出来る。
  2. 1部の介護が必要。
  3. 全部の介護が必要。

の3段階評価を行い、入居者がそのような状態に到ったときに
「ホームが提供できる介護サービスの程度」
「介護サービスを提供する場」
「本来の居室の権利について」

を基準に分類されます。

ちょっと難しいですか?

【有料老人ホームには6つのタイプ】

  1. 終身利用(同一施設内介護)
  2. 終身利用(提携施設介護)
  3. 提携施設移行型
  4. 限定介護型
  5. 健康型
  6. 介護専用型

の1番から詳しく見てみましょう。

1・介護が必要になった時に、それまでの利用していた有料蝋字ホーム内で終身介護を受け入れられるものです、
2・老人ホーム側が責任を持って外の提携施設に移し、そこで終身介護を受けます。
3・元の老人ホームの入居権は消滅し、提携施設に移ります。
4・入居時の契約以上の介護が必要となれば入居契約は解除だれます。
5・健康なあいだだけ老人ホームで生活します。
6・入居時からすでに介護が必要な人が対象です。

つまり、有料老人ホームを決める際にどのタイプなのか?気をつけなくてはならないのです。
例:体も不自由で認知障が酷く重度な介護が必要となった場合を【A】とします。

1・2は【A】でも施設内、あるいは提携先で介護を受けられます。

3.4は【A】の状態では介護は受けられず。

5にいたっては、1部介護が必要な場合でも介護を受ける事ができません。

6は介護専用型の老人ホームなので、全室介護専用の部屋になっており高い介護サービスや医療サービスを受ける事ができます。

次回は第2章老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームを安心して選ぶために~です。
デイサービスから特別養護施設、老人ホームや施設を簡単に探す事ができるサービスはこちら↓




このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報 老人ホームについて知りましょう!

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ