老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームの費用~

老人ホームについてまったく知識がない方向けに新着情報【老人ホームについてのノウハウ】を配信していきます。

1章老人ホームについて知りましょう!~老人ホームってどんな場所?~
2章老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームについて~
3章老人ホームについて知りましょう!~知って!入居前のチェック~
4章老人ホームについて知りましょう!~高齢者のための住宅について~
5章老人ホームについて知りましょう!~介護施設について~
6章老人ホームについて知りましょう!~選ぶチャックポイントと資料、問い合わせに関して~

が全体の更新の流れになりますのでお楽しみに。

本日は

2章老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームの費用~

です。

有料老人ホームの入居形態は終身利用権方式と所得権分譲方式と2つです。
終身利用権方式・・・入居者本人が1代にに限って居室を利用できる権利で、居室の所得権の取得ではありません。
そのため、第三者に売ったりすることはできません。

所得権分譲方式・・・一般の分譲マンションのように居室の取有権を取得するため、第三者に売ったり家族が相続できるのです。

入居者は入居時に終身の家賃の一括前払いという意味で入居一時金名目で数百万から数千万円前後を支払う場合があり、入居一時金は所有権ではなく老人ホームの終身利用の対価であることに気をつけて下さい。

有料老人ホームの特徴はこの入居一時間の存在と、高齢者集団による終身のホームでの生活にあります。
利用者は他に、毎月の管理費7~8万円を負担します。
この管理費は介護職員の人件費や掃除、入浴、事務、光熱費などが含まれています。

新聞を読んだり、携帯電話、NHKの受信料金は自費で支払う場合もあるので毎月14~16万はかかるでしょう。

とてもじゃないけど、一般人には利用できません。

次回は第2章老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームのタイプ~です。




このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報 老人ホームについて知りましょう!

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ