老人ホームについて知りましょう!~軽費老人ホームについて~

老人ホームについてまったく知識がない方向けに新着情報【老人ホームについてのノウハウ】を配信していきます。

1章老人ホームについて知りましょう!~老人ホームってどんな場所?~
2章老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームについて~
3章老人ホームについて知りましょう!~知って!入居前のチェック~
4章老人ホームについて知りましょう!~高齢者のための住宅について~
5章老人ホームについて知りましょう!~介護施設について~
6章老人ホームについて知りましょう!~選ぶチャックポイントと資料、問い合わせに関して~

が全体の更新の流れになりますのでお楽しみに。

本日は

1章老人ホームについて知りましょう!~軽費老人ホームについて~

です。

特徴:
原則として夫婦で入居する場合はいずれかが60歳以上、家庭環境や住宅事情などの理由で自宅での生活が困難になった方が対象です。
この軽費老人ホームは3タイプあり、

  • A型
  • B型
  • ケアハウス

に分けられています。
老人ホームと入居者(個人)の契約になります。
このうちA型は・・・利用者の生活に当てられる資産や取得、仕送りなどが利用料の2倍以下。または身寄りが無い、家族と同居が難しい高齢者のかたが入れます。
A型の施設では、給食、保険衛生、介護などのサービスが提供されます。
その他の生活費は自己負担になり、費用微収は収入に応じて24400円~98580園。

B型・・・自宅での生活は難しいが、自炊できる程度の健康状態にある高齢者の方が入居できます。
サービスは基本無く高齢者向けのアパートと考えて良いでしょう。

ケアハウスにつては長くなりますので、次回お話いたします。

次回は老人ホームについて知りましょう!~ケアハウスについて~です。




このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報 老人ホームについて知りましょう!

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ