老人ホームについて知りましょう!~老人ホームってどんな場所?~

老人ホームについてまったく知識がない方向けに本日から新着情報【老人ホームについてのノウハウ】を配信していきます。

老人ホームについて知りましょう!~老人ホームってどんな場所?~
老人ホームについて知りましょう!~有料老人ホームについて~
老人ホームについて知りましょう!~知って!入居前のチェック~
老人ホームについて知りましょう!~高齢者のための住宅について~
老人ホームについて知りましょう!~介護施設について~
老人ホームについて知りましょう!~選ぶチャックポイントと資料、問い合わせに関して~

が全体の更新の流れになりますのでお楽しみに。

本日は

老人ホームについて知りましょう!~老人ホームってどんな場所?

~です。

老人ホームを決めるのは高齢者にとって最大の悩みです。
昭和38年の老人福祉法では、特別老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホームを老人福祉施設の老人ホーム。
届け出施設として有料老人ホームをあげています。

また、プライバシーを配慮したシルバーハウジング・ケア付き集合住宅・シニア住宅・グループリビング・グループホームなどが全国で広がっています。
こちらの住宅施設は、ハンディキャップを負いやすい人達の特別な施設ではなく、そのような人達が地域社会で通常の生活を送る事が可能とする1つの方法であるのです。

例えば認知障ではなく、足が不自由になってしまった場合や、体がうまく動かず1人で暮らすが難しい方などがグループホームを利用する場合が多いです。
ですから、施設によって異なりますが自分でご飯を作ったり、洗濯したり身の回りの事は出来るだけ本人で行う場合があるのです。

これはボケ防止にもなるので、認知症が浅い方く手を動かしたりまだ生活できる力がある方に向いています。

食事の世話から洗濯すべて身の回りの事をぢてもらえるのはありがたいですが、1日TVを見たり、寝たきりになってしまうと、せっかくボケが始まってなくてもボケが始まってしまう事があるでしょう。

もう1つ実体験をお話しますが、認知障のレベルがまだ低く会話や家事が多少出来てもグループホームが合わなかった場合。
ほかの住人とのトラブルがストレスになりボケが進行してしまう場合があるので気をつけて下さい。

グループホームにも色々な色があります。
雰囲気や入居する本人の意見をしっかり聞き入れ施設選びをすると良いでしょう。

次回は老人ホームについて知りましょう!~特別養護老人ホームについて~です。




このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報 老人ホームについて知りましょう!

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ